顔 シミ 薬

顔のシミ用薬でおすすめの成分と商品はずばりこれ!

顔のシミ用薬を欲しい方に人気の商品をご紹介します。

顔のシミを消す薬の種類には大きく分けて2つあります。ひとつは塗り薬でもうひとつは飲み薬です。塗り薬にも飲み薬もメリットとデメリットがあります。
飲み薬のメリットは、体の中から顔のシミを消すために必要な成分を摂取するので、目に見える形で何か肌に副作用が出る可能性が少ないことです。もちろん顔のシミのために飲んだ薬の成分が体に合わなかった時には吹き出物や胃腸のむかつきなどといった形で症状が現れるケースもあります。

 

しかし、大抵の場合はシミの部分がボロボロになると、色が白く抜けるといった副作用はないでしょう。

 

塗り薬のメリットは、いくら顔のシミの薬が体に合わなかったとしても体調不良という形で出ることは滅多にないことです。

 

逆にそれぞれデメリットもあります。顔のシミ用の飲み薬のデメリットは、万が一の場合体調不良といった形で現れる可能性があることです。

 

顔のシミ用の塗り薬のデメリットは肌に合わなかった場合にわかりやすい形で症状が現れてしまうかもしれないことです。

今人気があるのは塗り薬よりも飲み薬の方です。
なぜなら、数年前に美白成分入りの化粧品を顔のシミに塗ってトラブルが発生するケースが多々あったからです。せっかく顔のシミを治したいと思って一生懸命努力してるのに、外に出るのが憂鬱になるくらい肌がまだらになってしまったら嫌ですよね。

 

肌がまだらになってしまうことを白斑と言います。白斑で嫌な思いをした女性が多いことや、自分もそうなったら怖いという気持ちから顔のシミのために飲み薬を選ぶ女性が増えているのです。ここではそれを前提として顔のシミに効果的な飲み薬をご紹介します。

 

顔のシミ用薬におすすめの成分

顔のシミに効果的な薬の成分には何があるのでしょうか?まず病院で処方される顔のシミ用薬にどのような成分があるのかを見てみましょう。

 

ビタミンC…シナール配合錠または、シナール配合顆粒という名前の薬で一般名はビタミンC・パントテン酸です。シナールの主成分はアスコルビン酸(ビタミンC)です。また、ビタミンB5も加えられています。
ビタミンCには高い抗酸化力があり顔のシミに対して効果を発揮する薬といわれています。

 

ただし、顔のシミを消したくてビタミンCだけが配合された薬を半年以上飲み続けた方でも全然顔のシミに効果がなかったという口コミがありました。医学的にもビタミンCの薬だけをたくさんとっても顔のシミには効果がないということです。やはり他の顔用シミの薬とのバランスが大切なのでしょう。

 

ビタミンE…ユベラ錠または、ユベラ顆粒という名前の薬で一般名はトコフェロールニコチン酸エステルという。こちらの薬は抗酸化ビタミンとして有名で、脂肪の代謝に働きかけます。普段の生活でビタミンEが欠乏することはほとんどないと言われていますが、メラニンの発生を抑える効果が高いので顔のシミの生成を抑制するために出されます。

 

トラネキサム酸…トランサミンカプセル、トランサミン錠、トランサミン散という名前の薬で一般的な成分名はトラネキサム酸です。メラニンが作られる場所であるメラノサイトの働きを抑制する効果があるので顔のシミができにくくなります。
L-システイン…ハイチオール錠、ハイチオール3という名前の薬などがあり、成分名はL-システインです。アミノ酸の一種でメラニンの生成を抑え、皮膚の再生を促す働きがあります。

 

病院で処方される顔のシミ用薬には以上のようなものがあります。ということは自分で買う場合も病院で処方されるような顔のシミ用薬と同じような成分が入ったものを選べば良いのです。

 

そこで顔のシミの薬としておすすめの商品を厳選しました。

 

顔のシミ用薬ランキング

 

ロスミンローヤル

 

  • 病院で処方されるLーシステイン・アスコルビン酸(ビタミンC)・ピリドキシン塩酸塩・パントテン酸カルシウムなどが配合された薬なので効果を実感する方が多い
  • シミを消す薬だけでなく22種類の有効成分が配合され、血行改善により顔のシミを薄くする
  • シミ専用の医薬品
  • シミだけでなく小じわにも効果があると認定された日本でただ1つの薬!

 

病院で処方される薬と同様の成分が配合されていますね。こちらの薬に含まれている薬は他の会社の薬にもたいてい含まれています。それだけ顔のシミ用薬の成分としてはメジャーなのです。
ではなぜこの薬が他のものを差し置いて1位なのか、それは血行改善まで意識しているからです。

 

血行改善は美容と深い関係があります。いくら良い美容成分や食品を摂取しても血行が悪ければ成分が肌の奥にまで行き届きません。だから顔のシミ用の薬なのに血行促進成分が入っているのですね。

 

 

キミエホワイト

  • 病院で処方される薬と同様の成分であるLーシステイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム等の成分が配合されているので効果を実感
  • シミが薄くなる第三種医薬品

 

キミエホワイトにも顔のシミに効果的な成分がしっかり入っています。この薬の特徴は他の薬よりも価格がお手頃なことです。良く口コミでも顔のシミが薄くなった!というものを見かけます。

 

ホワイピュア

 

  • 顔のシミに効果的なL-システイン・ビタミンC・ビタミンE、ビタミンBなどを配合した薬
  • 女優さんにも注目されてる薬

 

ホワイピュアにも顔のシミ用薬に入っていてほしい成分がすべて含まれています。こちらの会社は創業が大正時代という、老舗の薬屋さんなのです。

 

 

顔のシミがあるのとないのとで全然印象が変わって若々しく、また透明感がある女性に見えます。今こそ始めてみませんか?こちらでご紹介してるのはすべて医薬品です。医薬品は効果があると認められたものしか薬として販売できません。

 

顔にシミができる原因

顔にシミができる原因を知って薬を飲む以外にも対策をしましょう。

 

紫外線による日焼け

 

紫外線で日焼けをすると顔にシミができやすくなります。シミを作るのは紫外線UVBです。UVBが肌に侵入すると、紫外線から肌細胞を守るためにメラニンが活性化します。そこでメラニン色素ができます。

 

肌のターンオーバーが正常ならば、出来てしまったメラニン色素が体外に排出されますが、加齢などでターンオーバーがうまくいっていない方の場合、メラニン色素が蓄積してシミになります。

 

ニキビや吹き出物の跡

 

ニキビや吹き出物が出来た後に色素沈着を起こし、シミになります。ニキビや吹き出物ができても肌のターンオーバーが正常ならば、その後古い角質が排泄され、新しい角質ができるので問題ありません。

 

肌の乾燥によるシミ

 

肌の乾燥とシミにはあまり関係が無いように思われるかもしれませんが、肌が乾燥するとターンオーバーの力が低下します。そこで古い角質が排出されず新しいコラーゲンの生成力も低下します。

 

だから、メラニン色素が肌に残りやすくなってしまうのです。

 

食生活の乱れ

 

特に活性酸素が増加する食生活をするとシミになります。暴飲暴食、糖類などの取りすぎ、栄養素の偏りなどは新陳代謝を低下させ、また活性酸素を多く発生させます。なのでシミができやすくなるのです。

 

以上を見てみるとシミとターンオーバーには深い関係があることがわかります。ターンオーバーが低下しない生活習慣を身につけることが大切です。

 

⇒顔のシミ用薬ランキングを見る

 

顔のシミ用薬とサプリの違い

顔のシミ用薬とサプリにはどのような違いがあるのでしょうか。医薬品とサプリには大きな違いがあります。

 

医薬品医療機器法等によると、医薬品とは病気の予防や治療を目的としたものです。厚生労働省や都道府県からその医薬品の有効性や安全性について承認を受けた商品だけが医薬品として販売できます。

 

それに対し、サプリメントは健康食品です。サプリメントや健康食品は何らかの症状に対し、有効性がある、予防できると認められて販売しているものではありません。

 

毎日摂っている食事では不足しがちな栄養素を補うために摂取する食品です。だから健康食品やサプリメントの販売に厚生労働省の認可は必要ありません。

 

顔のシミを改善するためには薬品とサプリメントどちらが望ましいのかといえば、もちろん医薬品に決まっています。健康食品はシミに効果があることが期待されているというだけで、その効果を具体的に実証したものではありません。

 

最近では自社効能を証明して消費者庁に届出を行う機能性表示食品も増えてきました。医薬品や特定保健用食品などに比べてハードルが低いので、商品は増える傾向にあります。

 

顔のシミのようにきちんとした薬が販売されているものに対策したいのなら、医薬品を選べば間違いないでしょう。

 

医薬品には4種類あります。

 

  • 要指導医薬品…副作用などについて特に注意する必要があることから、薬局で買うときには薬剤師に対面、書面両方で説明してもらう必要がある薬です。病院にかからないと処方されなかった薬が店頭で販売されるようになった場合、このような医薬品になります。インターネット購入は不可能です。
  • 第1類医薬品…副作用などに注意する必要があることから、薬剤師に説明を受けてからしか購入できない薬です。
  • 第2類医薬品…多くの風邪薬などがこれに該当します。薬剤師又は登録販売者が説明する医薬品ですが、努力義務となっています。
  • 第3類医薬品…第1類第2類以外のものを第3類医薬品とします。販売者からお客様への説明に努力義務の規定はありません。

 

こちらで紹介している薬は全て第3種医薬品です。顔のシミへの効果があると厚生労働省に認可は受けています。しかし副作用などの点からインターネットでの販売が可能な薬です。顔のシミに効果を早く実感したいのならば、サプリメントではなく、第3類医薬品であるロスミンローヤル等を選びましょう。

 

⇒顔のシミ用薬ランキングを見る